オーストラリア パートナービザ ゴールドコースト情報

はるる★ADVENTURE

クッキングレシピ

オーストラリアンママの手料理キッシュ

みなさん、キッシュって食べたことありますか?

はるるは今までの人生の中で数回、キッシュを食べたことがありますが、正直、何なのか今まで知らなかったんですよね。

ちなみに、キッシュとは・・・

キッシュ: Quiche)は、クリームを使って作るフランスアルザスロレーヌ地方の郷土料理

パイ生地・タルト生地で作った器の中に、卵、生クリームひき肉アスパラガスなど野菜を加えて熟成したグリュイエールチーズなどをたっぷりのせオーブンで焼き上げる。ロレーヌ風キッシュ(キッシュ・ロレーヌ)では、クリームとベーコンを加える。ナッツ類を加える場合もある。生地ごと三角形に切って皿に出す。地中海沿岸の地域でも一般的な料理である。語源はドイツ語のKuchen(クーヘン)である。   -Wikipedia

だそうです、

フランス料理だっったんですね???

さて、このキッシュなんですが、我が家ではブレットママが作ってくれます。

前回、食べたら、とっても美味しかったので、今回はママに作り方を教えてもらいました。

オーストラリアンママのキッシュレシピ

材料

  • ベーコン  1パック
  • ソーセージ 1本
  • 玉ねぎ   2個
  • シルバービート 10葉くらい
  • プチトマト  6個くらい
  • 塩コショウ 少々
  • ナツメグ  少々
  • 卵     5個
  • 唐辛子   少々 (みじん切りか、粗挽きされたもの)
  • クリーム  大さじ1
  • カテージチース 1カップくらい
  • とろけるチーズ 手で2つかみ
  • パルメザンチーズ 大さじ2くらい

ちなみに、シルバービートは緑色の野菜で、栄養価がとっても高い野菜だそうです。我が家はママがシルバービート好きみたいでよく買ってきます。

f:id:HaruruAdventure:20161010095233j:plain

作り方

  1. ベーコン、ソーセージ、を一口大に適当に切ります。
  2. シルバービートは葉の緑色のところのみを使用し、一口大に切る。玉ねぎをみじん切りにする。
  3. フライパンで油を熱し、玉ねぎを炒め、少し火が通ったらベーコンとソーセージを炒めます。5分ほど炒めたら、シルバービートを入れて炒めます。シルバービートは量がたくさんあるように思いますが、火が通るとしんなりして少なくなっていきます。この時、塩コショウ、ナツメグで味を整えます。
  4. 材料に火が通ったら、火を止め、蓋をして材料を冷まします。(数時間)
  5. 4の材料が冷めた頃に、料理再開します。ボールに卵を割り入れ、唐辛子、塩コショウ、クリーム、とろけるチーズ、カテージチーズを入れて、混ぜ合わせます。
  6. 5に、4の材料を入れて、ざっくり混ぜ合わせます。
  7. オーブンに火を入れ180度でプレヒートする。その間に、耐熱皿に、バターを塗るか、オイルスプレーをし、6の材料を耐熱皿に入れる。
  8. パルメザンチーズ、プチトマトを表面にのせます。
  9. オーブンに入れて約30分。卵が固まって火が通ったら出来上がり!!!

卵がふっくらして、とっても美味しかったです!!

シルバービートがなかったら、ほうれん草なんかでも良さそうですし、ブロッコリーやカリフラワーを入れても美味しいかも。。。。

時間は少しかかってしまうけど、簡単で、見た目がゴージャスなんで、パーティーなんかに持っていくのにも活躍しそうですね!!

※当ブログで掲載されているAmazon、楽天市場の広告から商品のお買い物もできます。

丸型 パイ皿 23cm タルト キッシュ オーブンOK 日本製

丸型 パイ皿 23cm タルト キッシュ オーブンOK 日本製

1,330円(07/02 04:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
三陶 キッシュ 大 ホワイト立筋 06596 萬古焼 オーブン対応

三陶 キッシュ 大 ホワイト立筋 06596 萬古焼 オーブン対応

1,320円(07/02 19:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

-クッキングレシピ

Copyright© はるる★ADVENTURE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.