オーストラリア パートナービザ ゴールドコースト情報

はるる★ADVENTURE

パートナービザ申請

【知得情報】フィアンセ⇒パートナービザへ申請中に切り替える裏技!!

オーストラリア Prospective Marrige Visa(Subclass300)、通称フィアンセビザが3月に発給されたはるるです。 発給までに9か月長かった~。。。

が、今働いている職場で契約を6月末までもらっているので最終的な渡豪は7月になります。

あと、3か月、もう少しブレットとの遠距離生活も続きます。

さて、本日は読者の方から頂いたとっておき情報を公開します。

そのとっておき情報とは。。。。

それは、

フィアンセビザ申請中にパートナービザへ切り替える

という方法です。

フィアンセビザのおさらい

フィアンセビザは日本からの申請に限られます。

パートナービザは、日本からでも、オーストラリアからでもだせますが、1年以上そのカップルが一緒に生活しているといったエビデンス(証拠)の提出が必要です。

はるるの場合、ブレットとは遠距離なわけですから、「フィアンセビザ」の選択しかなく、

フィアンセビザが発給されたら渡豪 ⇒ 結婚 ⇒ パートナービザの切り替えとなります。

で、パートナービザ申請時にまた、申請料が発生します。

なんだかんだ~で申請料45万+渡航前健診とか書類集めとかで、50万近くビザ申請につぎ込んだあげく、また10万円くらいの出費がまってます。。。。泣ける。

ま、これも、愛するブレットと結婚するためですからね~。致し方ないのですが。。。

が、しかし!!

前述したように、フィアンセビザ申請中にパートナービザへ切り替える といった方法で、フィアンセビザ申請時の申請料(約45万)のみでビザ発給された方から情報いただき、”びっくりぽん!” なはるるでした。

フィアンセビザ申請中にパートナービザへ切り替える方法の概要

  1. フィアンセビザで申請
  2. 日本または、オーストラリアで結婚
  3. 大使館に連絡してパートナービザに切り替える
  4. パートナービザが発給される

といった流れのようです。

フィアンセビザ申請中にパートナービザヘ切り替えるメリット

ちょっとここで、フォアンセビザ申請中にパートナービザヘ切り替えるメリットをまとめます。

  • フィアンセビザで入国→結婚、パートナービザ申請時の申請料が必要ない。(約10万円)
  • パートナービザで入国できるので、移住後すぐ、メディケアの申請ができる。
  • 同じくパートナービザで入国できるので、移住後すぐ、AMEP(移民向け英語学習プログラム)を受講できる。

関連する記事はこちら>>>

 寄稿いただいた、Gsamiさん、まなてぃさんの体験談

さて、はるる★ADVENTURE がブログの引越しをしたのですが、掲示板の移設まではできなかったので、寄稿いただきました、まなてぃさん、Gsamiさんの承諾を得て、お二人の体験談を記事にさせていただきました。

以下の記事をご参考ください。

まなてぃさんの体験談はこちら>>>

申請中にフィアンセビザ⇒パートナビザへ切り替え体験談:まなてぃさんの場合

Gsamiさんの体験談はこちら>>>

申請中にフィアンセビザ⇒パートナビザへ切り替え体験談:Gsamiさんの場合

まとめ

ということで、フィアンセビザを申請中に、結婚してパートナービザ申請をすると、かなりメリットがあるので、運よくこの記事にたどり着いたフィアンセビザ申請中もしくは、申請を検討している方は、是非参考にしてくださいね!!!

-パートナービザ申請

Copyright© はるる★ADVENTURE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.